なつぞらのバターチャーンとは?販売店や取り寄せ通販も!

今回は、なつぞらの中で登場するバターチェーンの取り寄せ通販について調べてみました!

 

なとぞらのあらすじ

なつぞらの主人公・戦災孤児の奥村なつは、兄弟と別れ北海道・十勝へ移り住みます。

亡き父の戦友・剛男に引き取られ、柴田家で暮らすことになる。酪農を営む柴田家の主・泰樹に鍛えられた開拓者精神を通してなつは「人を信じる力」と「生きる力」を身に付けていきます。

酪農・農業を営む柴田家は、牛乳やバターを作っていてその中でバターチェーンが登場します!

バターチャーンは「なつぞら」第2週で登場!

 

バターチャーンとは?

バターチャーンって私は初めて聞きました!

チャーン製法とは、手作りに近い昔ながらの製法で、職人の技術が冴えるもの!

手作りバターの道具でハンドルを回してバターを作ります。ドラマの中では「幕別町ふるさと館」から現物をかりて復元したバターチェーンを使用しています。

現在はチャーン製法と同じですが、効率の良い「連続式バターマシン」と呼ばれる装置により製造されることが多くなっています。

かつてバターは、昔ながらの伝統的な装置である「チャーン」を使って生クリームを激しくかき回すことで作られるのが主流でした。

「連続式バターマシン」と比べると「バターチャーン」は手間ひまがかかりますが、いまも【チャーン製法】のバター商品が販売されています!

 

バターチャーンの販売店や通販は?

バターチャーンは、手作りに近い昔ながらの製法で手間ひまかけて作られているため、通常のバターよりは高級品となっています。そのため、成城石井など高級スーパーで取扱いされている商品が多いです。

 

大山バターは成城石井で取扱いあり
↓ ↓

よつ葉もバターチャーン製法の商品があります
↓ ↓