なつぞら十勝編のキャスト相関図やあらすじ!







今回は、朝ドラ「なつぞら」十勝編のキャスト相関図やあらすじについてまとめました!

4月1日スタートのNHK朝ドラの「なつぞら」!広瀬すずさん主演で北海道十勝編から物語はスタートします!朝ドラは、登場人物が多いのでキャストをチェックしたい方も多いのではないでしょうか(^^)

 

《あらすじ》

【なつどら】のあらすじを一言でいうと。。。広瀬すず演じる両親を失った少女・奥原なつが成長していく姿を描いていきます。のちに大人になった奥村なつは、映画漫画の創生期であるアニメーションの世界へいきます。

 

なつの成長と恋愛事情、そして北海道の大自然が見所です!

イケメン揃いなのでなつ(広瀬すず)が誰とくっつくのか気になります♪

 

【詳しいあらすじ】

1946(昭和21)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ(子役)が9歳のときに柴田剛男(藤木直人)に連れられ、北海道・十勝にやって来ます。戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていました。

剛男の父・泰樹(草刈正雄)は偏屈者で知られていた。泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。子どもながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことんたたき込む。なつも天真爛漫な子どもらしさを取り戻していく。

やがて、なつはすてきな馬の絵を描く少年・山田天陽(吉沢亮)と出会う。天陽から当時、アメリカではやっていた漫画映画の魅力を教えられ、“絵が動く”夢のような世界があるのかと感動する。

高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。そんな折、生き別れていた兄(岡田将生)が東京で働いていると知らされ…。なつに旅立ちの日が近づいていた──。

ここで北海道・十勝編が終わり、上京後の東京編がはじまります。

 

キャスト

奥村家

 

【主人公】奥原なつ:広瀬すず

広瀬すずさん演じる奥原なつは戦争で両親を亡くし、兄妹とも別れて父の戦友に引き取られて北海道十勝にやってくることになります。

北海道で柴田家の人々とともに牧場を手伝ううちに徐々に持ち前の明るさを取り戻していきます。

高校を卒業して上京してからはアニメーターとして北海道の自然の中で培われた感性を発揮していきます。

ネット上のウワサですが、広瀬すずが演じる奥原なつのモデルは、故・「奥山玲子」さんで宮崎駿さんや高畑勲さんの先輩にあたる女性アニメーターといわれています。

 

「なつぞら」の第1週と第2週はなつの子供時代がメインです!なつの子供時代は、あわのさりちゃんが演じています!

⇒なつの子供時代は、粟野咲莉ちゃん!プロフィールも!

 

奥原咲太郎(さいたろう):岡田将生

岡田将生さんは、歌とタップダンスが大好きな陽気な兄…奥原咲太郎を演じます。

両親を亡くしてからも、妹のなつと千遥の親がわりとなり、笑顔を絶やさず懸命に育て、なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後、しばらく孤児院で過ごすが、家出して行方不明となります。

 

奥原千遥(ちはる):田中乃愛(子役)

広瀬すずさん演じる奥原なつの妹です。

 

 

柴田家

柴田家は、美男美女ぞろい!!

一家で柴田牧場を経営。牛乳やバターもつくっている。

 

柴田泰樹:草刈正雄

なつの人生に大きな影響を与える。開拓者精神あふれる深い愛をもつ男。

1902(明治35)年、18歳の時にひとりで十勝に入植。荒れ地を切り開き、稲作を試すが根付かず、酪農を始める。妻が病死した後、男手ひとつで、松嶋菜々子さん演じる富士子を育てます。

偏屈でガンコな性格ではあるが、深い愛をもった大樹のような男。なつに人生を生き抜くを教え込む。

 

柴田剛男:藤木直人

広瀬すずさん演じる奥村なつの父親の友人。亡くなったなつの父親のかわりになつの面倒をみている。

婿養子として柴田家に入る。戦友だったなつの父と交わした、どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見るという約束を果たし、なつを十勝に連れてくる。義理堅く優しい男だが、義父の泰樹には気を使い、いつも頭があがらない。

 

柴田富士子:松嶋菜々子 (柴田剛男:藤木直人の妻)

泰樹(草刈正雄)の娘!

父譲りの優しさとたくましさを持ち、芯の強い女性を松嶋菜々子さんが演じます。

父・泰樹に家族で唯一、対等にモノを言える。なつとの関係にとまどいつつも、わが子同然に育てようと努める。明るい前向きな性格で、牛乳やバターを使ったお菓子づくりや料理が得意

 

 

柴田照夫:清原翔 (柴田剛男:藤木直人の長男)

父に似て、真面目で責任感の強い男の子。跡取りとして、祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれるが、要領が悪く、なつにいつも先を越される。泰樹から、なつとの結婚を勧められるが、密かにそうなることを願っている。

 

柴田夕見子:福地桃子 (柴田剛男:藤木直人の長女)

なつと同じ年の長女。なつに初めはわだかまりを感じるものの、一緒に暮らしていく中で、お互いに悩みを打ち明けられる、本当の姉妹のようになっていく。大嫌いだった牛乳も、なつのおかげで飲めるようになる。

柴田明美:平尾菜々花

 

 

戸村家

柴田家の牧場で働いている戸村家の親子。

 

戸村悠吉:小林隆

泰樹(草刈正雄)の右腕的存在。貧しい開拓農家に生まれ、15歳の時に豪農に奉公に出されるが、泰樹の酪農をたまたま手伝いに来た時に、彼の情熱にひかれ、そのまま居座る。穏やかで楽しい人物で、とても頼りになる男。

 

戸村菊介:音尾琢真

悠吉(小林隆)の息子。独立して、いつか自分の土地で牧場を経営したいと思うが、泰樹(草刈正雄)の牧場を大きくする夢にも魅力を感じている。

なつにとっては、頼りになる酪農の良き先生。のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に大きく貢献する。

 







 

小畑家

和菓子屋【雪月】を経営している。

泰樹(草刈正雄)の牧場と深く関わっていく。

 

 

小畑雪之助:安田顕

父の代から帯広に和菓子屋【雪月】を構える。

砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切る。のちに泰樹(草刈正雄)のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。

安田顕さん演じる小畑雪之助は、バターや牛乳を生かした創作菓子を開発や北海道有数の帯広の製菓メーカーへ発展させることから実在の人物やメーカーをモデルにしているのでは?と予想されています。

 

ネット上のウワサですが、雪月は実在のモデルがある?といわれています。

⇒雪月のモデルは六花亭?柳月?

 

小畑とよ:高畑淳子 (雪之助の母)

菓子職人の先代の元に嫁ぎ、わがままな夫に苦労するうちに強い性格になる。お年にもかかわらず、歯に衣を着せずとてもおしゃべりなばあさんで、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせる。十勝のことなら何でも知っている、生き字引のような存在。

 

小畑妙子:仙道敦子 (雪之助の妻)

旭川の菓子屋で働いていた時に、修業中の雪之助と知り合い、結婚。おっとりしているように見えるが、気の強い姑(しゅうとめ)・とよにもサラっと自分の意見をぶつける気が強い一面も。しかも最近、とよに似てきたと言われ…。富士子とは気が合い、いつも話が弾む

 

小畑雪次郎:山田裕貴 (雪之助の息子)

お調子者で目立ちたがり屋。農業高校時代は演劇部にハマり、クラスメイトのなつを部活に誘う。卒業後は、日本一の菓子職人になるべく修業のため、なつと一緒に上京する。一緒にいると気分が明るくなる、なつの大親友。

 

山田家

貧しい山田家。天陽(吉沢亮)は、なつの憧れ。

山田天陽:吉沢亮

のちにアニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。

美術の才能があるものの、貧しく進学せずに農業を手伝う。農作業の合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆。躍動感あふれる馬の絵が得意。

 

山田正治:戸次重幸

戦争で家屋を失い、一家での北海道移住を決意する。政府にあてがわれた土地は荒れ地で、農業経験もほとんどなく、開墾は難航。郵便配達をして生活費を稼ぐ。その後、泰樹たちの助けがあり、人並みの生活を送れるようになる。

 

山田タミ:小林綾子

正治の妻。近隣の農家を手伝い、そのアルバイト収入で家計を支える。東京育ちのおっとりとした性格で、農業も苦手。同じ東京育ちのなつがお気に入りで、天陽を訪ねて遊びに来るとついつい話が弾んでしまう。

山田陽平:犬飼貴丈

 

 

その他十勝の人々

居村良子:富田望生

倉田隆一:柄本佑

阿川弥市郎:中原丈雄